スタッフによる日記です。


by timesmarket

PUPLE HAZE♪(パープっヘイっ♪)


 めっきり涼しくなって、
夜なんかふと冬のにおいを感じるときすらあります。

いよいよ革ジャンシーズン到来!
解禁です!!!


というわけで、今回は名作名高いコチラをご紹介☆

もう御存知の方も多いと思いますが、
かの70’sレザージャケットの代名詞とも言うべき、
「EAST WEST」
そのライダースをモチーフに再現された
FREEWHEELERS"LITTLE WING"
f0165518_1457163.jpg

何を隠そう60's~70's辺りのカルチャーにかけては
右に出るものがいないぐらいプロフェッショナルなフリーホイラーズが
作ったとあって、隅々まで抜かりない!

まずは何と言ってもこの面構え!
f0165518_150322.jpg

パーツの多さもさることながら、
所謂ライダースとは一線を画くクラフトワークが魅力です☆

バックスタイルだって抜かりありません!
f0165518_1531088.jpg

当時ミュージシャンのためにオーダーで作られたものが多く、
時代は大量生産にもかかわらず、凝りに凝ったディティールのオーラが眩しい!!!

存在感抜群の大ぶりな襟だって、
カーブを画き、ジャケットの存在感に一役買っております!
f0165518_1562931.jpg


そしてそして、もう一つの見所!
襟裏のこのディティール!!!
f0165518_1573893.jpg

当時の音楽シーンを好きな方なら想像が付くとは思いますが、
音楽とドラッグカルチャーの密接な係わり合いを表現するには
絶対に省略できないディティール!

生地は着込むことを前提に、
ハリコシの強いゴートスキンを使用☆
f0165518_15113658.jpg

変色が激しく、着れば着るほどにしなやかさが増すのが特徴です!


裏地は華やかな当時のサイケデリックミュージックカルチャーを象徴するかのような、
フェイクファーでこれからの季節の実用性も兼ねています♪
f0165518_15145439.jpg



そして最後に、極めつけ!
f0165518_15155744.jpg

このタグが最大のポイントといっても過言ではありません!
先にもご紹介した、
当時のミュージシャンのオーダー革ジャンであった事実。

だからこその焼印手書きサイズとモデル名が入るんです!
当時の量産だと絶対にありえないディティール!


そこまでやるかっ!?




兎にも角にも何年か前の"猫も杓子も"的なブームが落ち着いた今だからこそ、
当時のアメリカンカルチャーに思いをはせ袖を通したい逸品です!
by timesmarket | 2011-09-26 15:24 | メンズ | Comments(0)