スタッフによる日記です。


by timesmarket

タグ:ザ リアルマッコイズ ( 81 ) タグの人気記事

伝説を纏う。


 短いお正月もあっという間に過ぎ、
体が通常運行になってきている今日この頃・・・

年始はめちゃめちゃ暖かかったのに、
ここへきて一層冬っぽく(って、遅っ!)寒さが日に日に増しています。



そんな年末から年始にかけて、
マッコイからビッグな入荷があったので御紹介しましょう☆


THE REAL McCOY'S
BUCO "J-100"
f0165518_191739.jpg




正式名称
『JOSEPH BUEGELEISEN COMPANY(ジョセフ・ビューガライゼン カンパニー)』

この頭文字をとって
『BUCO』

アメリカのモーター産業が活気付いていた1930年代。
当時 モーターサイクリスト達は極上のウエアや
関連のアクセサリーをこぞって探していました。

そんな中1933年にビューガライゼンが設立したのが
『BUCO』

彼は自動車産業発祥の地デトロイトを拠点に
ライダースJKTやヘルメット・ブーツなど
モーターサイクルアクセサリーを世に輩出し、
戦後もモーターウエア界を牽引していきます。

しかし、1970年代に入り
バイクブームの下火により
そのあおりを受けたブコはあえなく姿を消してしまいます。

そんなアメリカのモーターサイクル史を語る上で
伝説となっているブランドの復刻はマッコイの使命であり、
他ではできない伝説の継承・・・
f0165518_1925162.jpg
f0165518_19252368.jpg
f0165518_19253722.jpg
f0165518_19255351.jpg
f0165518_19261036.jpg
f0165518_19262556.jpg
f0165518_19264054.jpg
f0165518_19265472.jpg
f0165518_1927863.jpg
f0165518_19272510.jpg

そして今回御紹介は、
BUCOの歴史上で欠かすことのできないJ-100!

レーサーが最速を極めれる様にと、
無駄を排したシンプルなデザイン!

ヴィンテージのブコを研究に研究しつくし到達した革は、
ヴェジタブル100%タンニングでありながら
粘りを持ち、馬革の特徴とも言えるコシと着心地を両立した
スペシャルな仕上がり!

50年代から変わらず
(というより、当時既に完成されていた)愛される、
シングルライダースジャケットのスタンダードモデルの名に恥じない1着!

当時J-100はタウンユースとしても好まれていた為、
歴代のBUCOの顔ぶれの中でもロングセラーを果たしていた事実が物語るように、
現代によみがえっても「いつかはJ-100」といわれる生きる伝説!


拘り抜いたホースハイド(植物タンニンなめし、アニリン仕上げ)だけでなく、
シンプルなレーヨン100%ライニング、
フロントジッパー(タロン スクエア型プルタブ)
ポケットジッパー(タロン 7連チェーン型プルタブ)
スリーブジッパー(タロン'50sオーヴァル型プルタブ)などパーツ1つとっても抜かりなし!
f0165518_1940419.jpg
f0165518_1941242.jpg
f0165518_1941344.jpg

決して安い買い物ではありませんが、
一生の相棒をと考えたとき、やはりしっかりしたクオリティの物を選びたい!

まだの方はこの機会に是非チェックしてみて下さい☆

















TwitterとFacebookでは、入荷商品などをいち早くお届けしております!
フォローやチェックを宜しくお願いします!

Twitter ⇒  @timesokayama  twitterページ

Facebook ⇒  タイムズマーケット Facebookページ

(色字部分をクリックすると、各ページにアクセスできます。)




f0165518_1948144.jpg

by timesmarket | 2016-01-13 19:43 | メンズ | Comments(0)
 昨日は、"バトルドレス"と題して、
不朽の名作THE REAL McCOY'SのN-1デッキジャケットを
ご紹介しましたが、本日は第2弾!

U.S.N.つながりでコチラも名作!
U.S.NAVY PEA COAT(WWⅡ)をご紹介!
f0165518_1911498.jpg

Pコートの歴史を紐解いていけば、19世紀にさかのぼります。
(当時はすでにイギリス海軍とアメリカ海軍のユニフォームとして採用されていました)
f0165518_19143526.jpg

しかし、それ以前の記録はほとんど残っていないため、
どこで誕生し、どういう紆余曲折を経て水平のユニフォームになったのか、
正確なことは不明のままです。
f0165518_19151270.jpg

Pコートの「P」も諸説あり、「粗い羊毛の生地」を意味する
「pea」「pay」「pee」「pie」などに由来しているとか、
「水先案内人」を意味する「pilot」に由来しているとか、
オランダ語でラシャ(毛織物)を意味する「pij」に由来しているとか、
実際は研究者によって意見が分かれているご様子・・・
f0165518_19155433.jpg

(なお、軍服の前には、昔から漁師たちが着ているものだったといった説もあります)
f0165518_19162664.jpg

世界に広まったのは、第二次世界大戦後のこと。
ほかのミリタリーグッズと同様に軍の放出品として
一般の市場にも大量に出回りました。
とくにアメリカ海軍はニューヨーク州ブルックリンにある造船所
「Brooklyn Navy Yard」の衣服工場で軍用のPコートを大量に作りまくったので、
出回った量も半端じゃありません。
そのため現在私たちの知っているPコートは、
アメリカ海軍のデザインがルーツであることがほとんどです。
f0165518_1917576.jpg

ちなみに当時の製品には
「NAVAL CLOTHING FACTORY(ネイバルクロージングファクトリー)」
のラベルが付いています。
(このファクトリーでは軍服のほか国旗も生産していたとか)
f0165518_19174145.jpg

初期のPコートは、ロング丈でした。
しかし徐々に甲板でのスムーズな作業を優先して
動きやすいショート丈に変わっていきます。
一方、変わらなかったのは、
左右どちらの風向きにも対応するダブルブレストの両前合せの仕様。
そして、立てることでフードのように防寒できる大きな襟です。
これらの特徴は、Pコートの定番として現在にも受け継がれています。
f0165518_19181544.jpg



今や、秋冬ファッションには欠かせないアイテムのピーコート、
それは当時も同じで、
ファッションとしてでは無かったものの、
数々のポートレートで着用を確認できるというのは、
それだけ当時の兵士にも愛されていたコートと言うことがうかがい知れます!

そしてマッコイのピーコート!
そんな当時の空気までをも再現したかのような重厚な男っぷりのよさを匂わせながらも、
ジャパンメイドの上質な質感はモードブランドにも引けを取らない高級感が漂います!
f0165518_1923459.jpg
f0165518_19231910.jpg
f0165518_19233489.jpg
f0165518_19235080.jpg
f0165518_1924481.jpg
f0165518_1924194.jpg
f0165518_19243167.jpg
f0165518_19244612.jpg
f0165518_19245971.jpg

毎年散々説明しているので、
多くは語りませんが、
ピーコート風のコートが蔓延している昨今のファッションシーンにおいて、
ここまで"PEA COAT"を忠実に作っているブランドは多くありません!

ピーコート風のコートが悪いとは思いませんが、
どうせ着るならよりホンモノな物作りをしたアイテムをクローゼットに並べたい!
f0165518_19251413.jpg

N-1と並び一着はチェックしておきたいアイテムの1つです☆








TwitterとFacebookでは、入荷商品などをいち早くお届けしております!
フォローやチェックを宜しくお願いします!

Twitter ⇒  @timesokayama  twitterページ

Facebook ⇒  タイムズマーケット Facebookページ

(色字部分をクリックすると、各ページにアクセスできます。)




f0165518_19335975.jpg

by timesmarket | 2015-10-02 19:31 | メンズ | Comments(0)

WINTER BATTLE DRESS


 大戦中一番の花形であったパイロット。
その命がけの任務を支えた数々のフライトジャケット。

そんなフライトジャケットたちに匹敵する人気を持つジャケットがあります。

パイロットの飛び立った後、デッキに残り後始末や次の準備を黙々とこなすデッキクルー。
縁の下の力持ち的なクルーを支えたのが、『N-1デッキジャケット』です。
f0165518_18543763.jpg

とまぁ今回は、
冬物アウターの定番中の定番!

THE REAL McCOY'S
N-1 DECK JACKETをご紹介です☆
f0165518_18562889.jpg

 N-1デッキジャケットは、
1944年にアメリカ海軍に正式採用されま した。
生地は「コットングログラン」のアウターシェル、
通称「ジャングルクロス」と呼ばれる織りの細かい生地を採用 し、
インナーにはアルパカが使用されました。

1945年には、カラーがネービーからカーキへと変更になり、
仕様も細部が変更されました。

また、インナー部のアルパカウールの毛足が長いタイプから
アルパカとウールの混紡で、毛足の短いタイプにな り、
一部は1960年代の初め頃まで使用されました。

遮風性と防水性に長け、アルパカのライニングは暖かい。
地道な任務の中で陽に照らされ、風雨に耐えたジャケットは彼らの誇りでもあり、
長きに渡って採用され続けた証拠でもあります!
f0165518_19154496.jpg
f0165518_1916376.jpg
f0165518_19163964.jpg
f0165518_19165937.jpg

そして今回ご紹介、
リアルマッコイズのN-1デッキジャケット!

毎年ご紹介しているので言わずもがなですね☆
今や、
世界中でマッコイのN-1は愛され、
世界中でリリースされているデッキジャケットのトップといっても過言ではありません!!!

ウール混じりのアルパカライニングは良く見かけますが、
45年当時のアルパカ100%はヴィンテージでも中々お目にかかれません!

そしてそのクオリティたるや、
縫製から各パーツのディティールに至るまで、
しつこい様ですが世界1じゃないでしょうか??
f0165518_19214111.jpg
f0165518_19215350.jpg
f0165518_1922678.jpg
f0165518_19221885.jpg
f0165518_19223244.jpg
f0165518_19224792.jpg
f0165518_19225863.jpg
f0165518_19231086.jpg

コスト等の問題で、
今シーズンはカーキカラーのみのリリースとなりましたが、
この先リリースできなくなる可能性もこのクオリティなら大いにあります!

既に着用していただいているお客様も多数おられますが、
まだの方はサイズ欠けが出る前のチェックをお勧めいたします☆









TwitterとFacebookでは、入荷商品などをいち早くお届けしております!
フォローやチェックを宜しくお願いします!

Twitter ⇒  @timesokayama  twitterページ

Facebook ⇒  タイムズマーケット Facebookページ

(色字部分をクリックすると、各ページにアクセスできます。)




f0165518_20281691.jpg

by timesmarket | 2015-10-01 20:25 | メンズ | Comments(0)

ブレ無い=COOL

 先日、
定番にして名作名高い
マーカウェアのデニムパンツをご紹介しましたが、

本日は、
タイムズにおいて定番にしてロングセラー、
おそらくここまでブレず
永きに渡って愛されるジーパンはないといっても過言ではない一本、

The REAL McCOY'S
Lot. 906Sをご紹介しようと思います!
f0165518_1433772.jpg

紹介と言ってももう既に今更感は否めませんが、
スタッフ着用の一本と見比べながら、
906の素晴らしさを再確認したいなと言うわけです☆
f0165518_1461890.jpg

2012年、
それまでのJOE McCOY の人気モデルLot.906が、
シルエットをブラッシュアップして再リリースされたLot.906S!

ワークウェアとして輝きを放っていたかつての仕様や、
デニムがファッションとして認知され始めた当時のモデルを忠実に再現しながらも、
独自のパターンを採用し、
脚を通したときの馴染み方はもちろん、
穿いた際の美しい脚線美を実現した
リアリティを追求し続けたマッコイだからこそ辿り着いたハイブリッドモデル!

穿いたときの格好いいバックスタイルを追求し、
以前の Lot.906 よりもバックポケットがやや大きい仕様に変更、
スッキリとした腰周りと男らしい大降りのバックポケットが、理想のバックスタイルを実現します☆

更には股下のフィット感、ウエストのバランスなどミリ単位での緻密なバランスは、
クチュールブランドを髣髴とさせる完成度!

それは906の名を継承しながらも全くの別物と言ってよいでしょう♪

でいながらも、
906から引き継いだ厚みのある14.75oz濃色デニム生地は、
履き込むほどに濃淡のハッキリとしたメリハリのある色落ちがあらわれます!
f0165518_14214331.jpg
f0165518_142214.jpg
f0165518_14222095.jpg
f0165518_14223797.jpg
f0165518_14225827.jpg
f0165518_14231157.jpg
f0165518_14233276.jpg
f0165518_1423492.jpg
f0165518_14242759.jpg
f0165518_1424409.jpg

中にはコレのみをリピートで穿き続ける方も少なくなく、
一度穿くとそれも納得の一本はジーパンでありながら体の一部のように、
穿く人それぞれに馴染んできます!
f0165518_14273613.jpg


そして今回は、
906Sのカッコイイなと思うコーディネートを世界中から集めてみました!
f0165518_14285134.jpg
f0165518_1429624.jpg
f0165518_14292373.jpg
f0165518_14294677.jpg
f0165518_1430040.jpg

季節を問わず、スタイルを問わず、
肩肘張らずにカッコイイ!

大人が長く穿く一本として、
未だ未体験の方、新調をお考えの方、
サイズが揃っているこのタイミングにチェックしてみてはいかがでしょうか??





TwitterとFacebookでは、入荷商品などをいち早くお届けしております!
フォローやチェックを宜しくお願いします!

Twitter ⇒  @timesokayama  twitterページ

Facebook ⇒  タイムズマーケット Facebookページ

(色字部分をクリックすると、各ページにアクセスできます。)





by timesmarket | 2015-07-03 14:33 | メンズ | Comments(0)

最高の肌触り

 お待たせ致しました!

The REAL McCOY's
SWEAT SHORTSがついに入荷です!
f0165518_14245347.jpg
f0165518_1425320.jpg

昨年も大好評だったこちら、
買い逃した方も多いのではないでしょうか?

高品質のSUVIN綿を原料に用いた裏毛は、
抜群の肌触りとソフトなのに強度も兼ね揃えたGOODアイテム!

しっかりしたウエストリブは幅広になっており、
窮屈感は無いのにしっかりフィット!

股下のマチが絶妙で、
スッキリしたシルエットなのに抜群の機動力を発揮します☆
f0165518_14284567.jpg
f0165518_142914.jpg
f0165518_14291567.jpg
f0165518_14292847.jpg
f0165518_14294190.jpg
f0165518_14295681.jpg

以前のブログでも触れたことがありますが、

SUVIN(スビン)綿とは
世界で唯一、綿の交配を行うインドで超長綿と海島綿を交配して生まれた品種。
インドの綿の生産の0.025%としか取れない希少価値のある綿であります!

世界でもっとも細い超長綿でありながら、
繊維の強さが非常に強い。

もちろん超長綿であるので繊維の長さも長く非常にしなやか
つまり、しなやかに仕上げる為に甘撚の糸にしても強度のある糸ができるというわけです☆

繊維自体は
天然のロウ分と油脂分を多く含み、
滑らかで肌触りが非常によくコットン繊維業界でもシルクと肩を並べる綿の王様なのです☆
f0165518_14365276.jpg


そして人気の理由はもうひとつ、
そのシルエットの美しさ!

スッキリしながらも動きやすく、
余分な装飾が一切されていないデザインは、
ヴィンテージ感のある生地とは裏腹にモードな佇まい!

合わせるアイテムも選びにくく、
スウェットでありながらよそ行きショーツで充分通用します☆
f0165518_14391769.jpg
f0165518_14393471.jpg
f0165518_14394996.jpg
f0165518_1440483.jpg
f0165518_14401738.jpg
f0165518_14403118.jpg
f0165518_144044100.jpg
f0165518_14405467.jpg
f0165518_14411026.jpg
f0165518_1441224.jpg
f0165518_14413582.jpg
f0165518_14414962.jpg

リラックス感が有りながらもスタイリッシュ、
どんどん暑くなるこれからの季節にはピッタリな
マストアイテムではないでしょうか?



TwitterとFacebookでは、入荷商品などをいち早くお届けしております!
フォローやチェックを宜しくお願いします!

Twitter ⇒  @timesokayama  twitterページ

Facebook ⇒  タイムズマーケット Facebookページ

(色字部分をクリックすると、各ページにアクセスできます。)






f0165518_1449418.jpg

by timesmarket | 2015-06-15 14:43 | メンズ | Comments(0)

COTTON LOOPED KNIT

 『丸胴』
当店では昔から飛び交う言葉であり、
当たり前のように着用していただいているお客さんもたくさんいます。

生地を丸編み機という筒型に編み上げる織り機。

そして最近は更に『吊編み』と言う言葉も、
よく発していますし、耳にしていると思います。

以前から折を見てはブログでも紹介しているので
御存知の方も多いことでしょう!
f0165518_16154574.jpg

筒状の織り機から空気を抱きながらゆっくり生地の垂れ下がる重さで編み進んでいく、
抜群の肌触りと強度を両立したスペシャルな生地!

一度袖を通せばその魅力に引き込まれ、
その手間隙掛けて作られた産物は当時のクラフトマンシップを
今に伝えてくれます!


そして今シーズンもTHE REAL McCOY'S
から珠玉のTシャツが届いております!
f0165518_16242610.jpg
f0165518_16243917.jpg
f0165518_16245518.jpg
f0165518_16251267.jpg
f0165518_16252528.jpg
f0165518_16261134.jpg
f0165518_16262644.jpg
f0165518_1626452.jpg
f0165518_1627220.jpg
f0165518_16271640.jpg
f0165518_16272938.jpg
f0165518_16274490.jpg
f0165518_16275720.jpg
f0165518_16281114.jpg
f0165518_16282557.jpg
f0165518_16284149.jpg

アーカイブモデルも若干ございます、
完売する前にチェックしてみて下さい☆
f0165518_16424482.jpg





TwitterとFacebookでは、入荷商品などをいち早くお届けしております!
フォローやチェックを宜しくお願いします!

Twitter ⇒  @timesokayama  twitterページ

Facebook ⇒  タイムズマーケット Facebookページ

(色字部分をクリックすると、各ページにアクセスできます。)





by timesmarket | 2015-04-16 16:43 | メンズ | Comments(0)

collarless blues☆

 先日の変り種シャツのご紹介中にも少し触れましたが、
今シーズンの筆者のブームはズバリ“スタンドカラー”!

なぜだか自分でもよく分かりませんが、
何せ渋くないですか?

ダスティン・ホフマンも
f0165518_19212764.jpg

ホアキン・フェニックスも
f0165518_1922261.jpg

ジュード・ローだって・・・
f0165518_19225732.jpg

いい男は良いスタンドカラーを身に纏っているものです☆
(写真は全て役でですが・・・)

と言うわけで今回も新入荷のスタンドカラーシャツをご紹介しましょう☆

THE REAL McCOY'S
DOUBLE DIAMOND
BAND-COLLAR SHIRT Lot.422
f0165518_1912646.jpg

スタンドカラー、バンドカラー、ノーカラー、カラーレス・・・
様々な呼び名がありますが、
このスタンドカラーが実は衿を生む原点なんです!

古代ローマ帝国では
チュニックと呼ばれる頭からすっぽり被る服を着用しており、
そのチュニックは重ね着のように上下で着用した時、
肌着側になったのが現在のシャツの原点だと言われています。
その頃は被り易いように衿ぐり部分に切り込み(スリット)が入っていましたが、
1300年以降のフランスはノルマン地方の貴族によってバンドカラーが発明されたみたいです。

補強の意味と寒さしのぎで発明されたそれこそスタンドカラーの起源です。
そこから羽根が付き現在の衿へと発展して行った訳ですが実に長い歴史ですね~☆

その後の時代には衿が付かないのでフォーマルやドレッシーなシャツには向かず、
労働用のシャツに用いられた事が多いようです!


と、まぁ今回のワークシャツに話を戻しまして、
その名の通りスタンドカラーに
ビブと呼ばれるフロントの前当てがオールド感全開で激渋な1着!

我々も大好物なウォーバッシュ生地でこのスタイルとなると、
バナナだけでもおいしいのにチョコかけちゃったような、
カキだけでもお好みだけでも美味しいのにお好みにカキ入れちゃったような、
とにかくスペシャルな1着!!!

プルオーバーの名残を残す裾のカットや、
背中のプリーツ、
そしてその全てを時代背景に合わせシングルでステッチングするなど、
やはりそこは天下のマッコイだなと・・・
f0165518_19463858.jpg
f0165518_19465245.jpg
f0165518_1947988.jpg
f0165518_19472278.jpg

襟はあるものと刷り込まれているので、
少し抵抗がある方も多いとは思いますが、
実は着てしまうと楽で少し通な装いができるのも強み☆

今シーズンはスタンドカラーを取り揃えておりますので、
是非トライしてみてください♪
f0165518_19503032.jpg
f0165518_19504687.jpg




TwitterとFacebookでは、入荷商品などをいち早くお届けしております!
フォローやチェックを宜しくお願いします!

Twitter ⇒  @timesokayama  twitterページ

Facebook ⇒  タイムズマーケット Facebookページ

(色字部分をクリックすると、各ページにアクセスできます。)






by timesmarket | 2015-04-01 19:53 | メンズ | Comments(0)

展示会速報!

 この時期では異例のと言うか、
年内最後の展示会が開催されました!

THE REAL McCOY'S
2015 SPRING & SUMMER EXHIBITION

MILITARY
f0165518_15553927.jpg
f0165518_15555637.jpg
f0165518_15561680.jpg
f0165518_15563847.jpg


WORK & SPORTS
f0165518_15584995.jpg
f0165518_15592810.jpg
f0165518_15595361.jpg
f0165518_1602353.jpg
f0165518_1605172.jpg


MOTORCYCLE
f0165518_1624596.jpg
f0165518_1631818.jpg
f0165518_1634237.jpg

永年愛されている定番物+ニューアイテム、ニューカラーなど、
注目のコレクション群は必見!

倉敷店・岡山店共に店頭にて新アイテムをチェックして頂けますので、
是非お立ち寄り下さい☆

入荷連絡、個人注文も承っておりますので
お気軽にお問い合わせ下さい☆



TwitterとFacebookでは、入荷商品などをいち早くお届けしております!
フォローやチェックを宜しくお願いします!

Twitter ⇒  @timesokayama  twitterページ

Facebook ⇒  タイムズマーケット Facebookページ

(色字部分をクリックすると、各ページにアクセスできます。)









by timesmarket | 2014-11-28 16:10 | メンズ | Comments(2)

不屈の名作~第3話~

 不屈の名作~第3話~

今回は、
THE REAL McCOY'S
“N-1 DECK JACKET”
f0165518_1344989.jpg

当時やはり花形は目に見える形で戦果を挙げるパイロット達である。
華々しく活躍する彼らの影で、
デッキクルーは滑走路にこびり付いたタイヤのカスを弾き、
戦闘機から漏れるオイルをデッキブラシで拭い続ける。
エースは伝説として語り継がれ、縁の下の力持ちに的クルーの歴史は形には残らない。
しかし彼らの働きがあってこそ空母は海の要塞として第二次大戦の主役だったのです。
f0165518_14231338.jpg

f0165518_1424835.jpg

そんな歴史の影となったクルーを支えたのが、このN-1ジャケット。
第二次世界大戦から朝鮮戦争までの長期間、
米国海軍所属のデッキクルーに正式装備として支給されたジャケットである。


コットングログランのアウターシェルは遮風性と防水性に優れ、
f0165518_14252457.jpg

アルパカのライニングは防寒性抜群!
f0165518_1426166.jpg
f0165518_14262985.jpg

50年代に入るとアルパカ/ウールのライニングが主流となり、
現行で復刻&モチーフにされているものもウール混紡が殆どですが、
マッコイのものは40年代のアルパカ100%仕様!
チクチクしないので、
中が薄着でも抜群の着心地☆

その他にも、
中にリブが付き、2重構造になった袖口や、
f0165518_152535.jpg

ジッパーの上からボタン止めになったこれまた2重構造のフロント、
f0165518_1524857.jpg

などなど、
対冬将軍対策がバッチリ!

そんな屈強なデッキジャケット、
地道な任務の中で陽に曝され、
風雨に耐えた相棒は当時彼らの誇りでもあったことでしょう!
f0165518_1571721.jpg

ちなみに補足しておくと、
N-1とは、ジャケットだけではなく、
N-1ウィンタートラウザー・N-1ウィンターグローブなど、
システム全体に使われるナンバーです。

そして、Nシリーズは用途で数字が分けられ、
それぞれ、
N-1(甲板作業・防寒用)
N-2(ヘビーゾーン用フライトジャケット)
N-3(ヘビーゾーン用フライトジャケット)
と分類がされています。


ちょっと脱線してしまいましたが、
どっちみち甲板での作業用に使うわけでもなく、
カッコ良ければそれでいいんです☆

ただ、その背景には屈強な男達の不屈の魂とそれを作るクラフトマンの思いがこもった、
熱い名品だと知っておいても損は無いですね♪
f0165518_1516532.jpg
f0165518_1547538.jpg
f0165518_15481037.jpg
f0165518_15482493.jpg

倉敷店にはネイビーカラーもございます。


TwitterとFacebookもよろしくお願いします!

Twitter ⇒  @timesokayama  twitterページ

Facebook ⇒  タイムズマーケット Facebookページ

(色字部分をクリックすると、各ページにアクセスできます。)









by timesmarket | 2014-10-29 15:49 | メンズ | Comments(0)

不朽の名作~第2話~

 名作がなぜ名作となっているのか、
定番中の定番にして名作中の名作をご紹介する第2弾!

今回は
THE REAL McCOY'S
“U.S.NAVY PEA COAT”
f0165518_1736215.jpg

海軍最強の防寒コートは長い歴史を持ち、
19世紀末からイギリス海軍が艦上用の防寒着として着用していたとされています。
アメリカでは海軍下士官用オーバーコートとして採用され、
厳しい気象条件の下、海軍ではなくてはならないコートでした。
f0165518_17451722.jpg
f0165518_17453320.jpg

生地はメルトンウール。
厳密には100%ウールダブルクロスメルトン!
f0165518_17475767.jpg

この生地ですがコシが半端ではありません!
極寒の甲板ではコレくらい目の詰まった生地で無くっては、
身を守れません!

更に、当時から完成されたデザインは人類の英知が詰まっており、
まず、ダブルブレストのフロントは左右どちらからでも留められます。
f0165518_17532648.jpg

これはボタンが破損した時の為、
また艦橋や甲板などの厳しい気象条件下で使用を考えられていることから
風向きにより左右どちらでも上前を変えられるようになっています!

そして、襟は分厚いメルトンウール生地なので、
風よけの時に襟を立てるとまったく形が崩れません!
f0165518_1755331.jpg

もともと襟を立てることも前提に考えられてるので海軍特有のデザインといえます☆

斜めの切り込みを入れたマフポケットも容量は大きく使いやすいサイズ、
f0165518_17564113.jpg

ボタンも手袋を使用して着脱することを前提に巨大なものを使用しています。
ボタンには碇のデザインがあしらわれ海軍のコートというのを主張します!
f0165518_17575982.jpg

第2次大戦には姿を消してしまう通称13スター☆


ファッションシーンでも欠かすことのできない定番中の定番!
ほとんどデザインの変更がされないまま現在に到るというのが、
当時から完成されたデザインを持ち、名作中の名作だと言うことですね☆
f0165518_1842440.jpg
f0165518_184425.jpg

そんな名作をマッコイが持ちうる全ての力を注ぎ込み復刻した逸品!
f0165518_1865430.jpg
f0165518_1871636.jpg
f0165518_1874181.jpg
f0165518_188149.jpg
f0165518_1881892.jpg
f0165518_1883281.jpg

漢として一生のうち一度は袖を通さずには死ねません!(大げさ)


TwitterとFacebookもよろしくお願いします!

Twitter ⇒  @timesokayama  twitterページ

Facebook ⇒  タイムズマーケット Facebookページ

(色字部分をクリックすると、各ページにアクセスできます。)









by timesmarket | 2014-10-27 18:11 | メンズ | Comments(0)