スタッフによる日記です。


by timesmarket

<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

続 靴職人が残したもの

1990年の冬、Londonを訪れていたときのことです。
ジャーミンストリートのNew&Lingwoodと言う老舗のshopで1足の靴を購入しました。
その靴は、タウン用ではない本物の乗馬靴で、若干高めのヒールでそこに馬を蹴るときに使うスパーを差し込む穴があるものでした。(革質とスタイルは抜群の靴でポールセンスコーンではないことは確かでした)
せっかくなので、New&lingwoodのスタッフにスパーを扱っている馬具屋を紹介してもらいました。
そこは、ギデンという老舗の馬具屋で、今では日本にも紹介されていますのでご存知の方も多いと思います。
そこで購入した靴を見せ、スパーを購入しその靴ついていろいろと聞いてみると、とあるBootsメーカーを紹介してくれました。
それがschnieder Bootsです。(世界でもこの看板を持っているのは私だけだと思います)
f0165518_1274070.jpg

そこは何もない建物の2階にありました。
2階に上がる階段の踊り場のディスプレーケースの中にこの鉄製の重い看板が飾られていました。
f0165518_1322355.jpg

schniederは完全な乗馬用のBootsメーカーで、タウンでの使用を前提に考えてはいないのでソールにも滑り止めのラバーはありません。
f0165518_1354756.jpg

スタイルの種類も多くはなく、膝丈や腿までの本格的なものが多かったです。
f0165518_1394462.jpg

私物ですが、この様なタイトなフィッティングのライディングboots
f0165518_1395647.jpg

これを買ったときも、馬をもっているの?と聞かれたのを今でもよく覚えています。
f0165518_1402082.jpg

実はschniederを発見する以前からここのジョドファーbootsを持っていましたが、ネームはポールセンスコーンでした。
ここの、ショートタイプのbootsはフルライン持っていますが実は試作でネイビー色のタイプを作ったこともあり、当時いろいろなカラーで別注していました。(黒、タン、チェスナッツ、ネイビー)
やはり、日本人の顧客はいないとのことで当店で販売していましたが、知っている方はいませんでした。
店主のシュナイダーさんはオーストリア系のイギリス人でとても大柄の紳士でした。
シュナイダーの靴についていろいろとお聞きしているとジョンロブのオーダーブーツもschnieder
で作っていると言っていました。
そう言われてみると、当時大阪梅田のエルメスでジョドファーは見たことがありました。
schniederは乗馬で馬を蹴るとき足を守る為に、使用する革を大変厚くし、鐙に足を入れたときの重心を考えた設定になっていると思います。
そのため、とてもシャープなスタイルと最高のクオリティーを持つ最高のbootsメーカーです。
f0165518_26055.jpg

当時、東京のunionworksさんに、当店のお客さんがリペアに出した時に、店主の中川さん(私はまだお会いしたことはありません)がどこの靴なのか、あとクオリティーに関心されていたそうです。
その後、友人でもあるグリフィンインターナショナルのデビットさんにこの存在を教えたところ是非、日本に紹介しようと言う話になりそれからはご存知の方も多くなったと思います。
ただし、私からの条件で某大手のショップ等には紹介しないとの条件を付けさせていただきました。

興味のある方は是非ご相談ください。
次回は、200年前のロシアントナカイの革で作られた幻の靴について書きたいと思います。
by timesmarket | 2008-08-12 02:33 | メンズ | Comments(2)

靴職人が残したもの

今から約15年程前に、当時訪れていたワシントン州、ヤキマと言う田舎町で素晴らしいものをみつけました。
それがこのBootsです。
f0165518_15371520.jpg
f0165518_15374732.jpg

たまたま訪れた小さなショップの片隅で今まで見たことのないものすごいクオリティーのこの靴を発見しました。
f0165518_15412025.jpg

この革は通常のブーツのようなオイルドレザーではなく、ワックスレザーを使用しています。
もともとの革の厚みも半端ではないくらい分厚く、オイルドレザーの様なオイルを吸って膨らんだ革とは全く違います。
画像の革の表情が違うのが分かるでしょうか?
f0165518_15413876.jpg

その名はTurner bootsと言います。
この刻印も職人の手作業で打たれています。
f0165518_15504339.jpg

ソールも今では廃盤ですが、イエロービブラムのモンターニュです。
f0165518_15524194.jpg

これを見つけて、すぐにこのブーツメーカーについて現地できいたところ、このサインをした職人が亡くなって工場をやめたとのことでした。
当時年間120日くらいはアメリカに行っていて、まだ日本に紹介されてないものやデッドストックものなどをさがしていましたが、いままでこれ以上のものにはめぐり合えてはいません。
ちょうどこの頃、同じくワシントン州のスポケンと言う町で‘ホワイツブーツ‘も見つけ、当時取引のあった原宿のプロペラさんと一緒に最初に日本に紹介しました。(いまでは有名になっていますが実は私が始めて見つけました)
しかし、turnerbootsには革質は及びません。
今でも、タイムズマーケットにはさまざまなデットストックものがあります。
ご来店の際には、じっくり店内を探してみてください。

また次回は、イギリスで見つけたシュナイダーブーツについて書きたいと思います。
by timesmarket | 2008-08-08 16:09 | メンズ | Comments(2)