スタッフによる日記です。


by timesmarket

カテゴリ:北欧家具( 9 )

おしらせ

NHK教育「美の壺」 4/3(金) 22:00~ 番組内にてKitaniが紹介されます。

是非御覧になってください。
by timesmarket | 2009-04-03 11:51 | 北欧家具 | Comments(0)

マイチェアー

年末ぎりぎりに張替えから戻ってきました。
Finn Juhlのmodel 133です。
f0165518_0401957.jpg

もともとは黒色の塗装だったものですが、その塗装を剥離していただきました。
f0165518_0403366.jpg

ビーチのフレームに映えるように今回はグリーンの生地を選びました。
成功です。


f0165518_04488.jpg

もう1脚です。
これもFinn Juhl、1953年のイージーチェアーで、ほかのFinn Juhlとは違っておおぶりで武骨なフレームです。
座った感じはとてもしっかりしていて安定しています。
後ろからモモちゃん(ブルドッグ)がのぞいています。
f0165518_0442855.jpg

ソーレンウィラードセン工房の製作。
フレームはビーチとチークのコンビネーションです。

岡山店のほうにキタニから椅子も届いていますので、ご興味のある方は是非ご来店になって座ってみてください。
by timesmarket | 2009-01-05 00:56 | 北欧家具 | Comments(2)

キタニから届きました。

先日、訪問しましたダニッシュファニチャー キタニからオーダーしていました椅子が届きました。
f0165518_18555579.jpg

こちらがサクラ仕様のFinn Juhlの53番です。
f0165518_18562782.jpg

ファブリックはデンマークのものを使用しました。
f0165518_18564110.jpg

使い込むとサクラの木の色が少しずつ濃くなってきます。
f0165518_1901363.jpg

こちらはナナ ディッツェルのSofaです。
f0165518_1902947.jpg

白いナラの木にブルーのファブリックがとてもきれいです。
f0165518_1944871.jpg

最後にラーセンのエリザベスチェアーです。
ブラックウォルナットにブラックレザーで引き締まって見えます。
実物はすごくボリュームがあります。
f0165518_1951068.jpg

このアームの仕上げを是非見に来てください。
岡山店にてご覧いただけます。
by timesmarket | 2008-12-26 19:10 | 北欧家具 | Comments(2)

キタニ工房見学 Part2

今回、タイムズマーケットでオーダーしています椅子の製作作業を見学させていただきました。
通常では入れない工房の中で、それもタイムズのオーダーしている椅子そのものの製作過程を間近で見ることが出来ました。
f0165518_1445612.jpg

まずは、Finn juhlの53番(私の好きなモデルです)。
フレームの材はサクラを使い、仕上げに3分艶のラッカーでお願いしています。
f0165518_14482255.jpg

53番の特徴でもあるアームと後足のジョイントの仕上げはこの様に両方ともかなり太い材の状態でつなぎ合わせなければ割れてしまうそうで、この状態から職人さんが手仕上げでかなり削り込んであの美しいラインができていきます。
f0165518_14552142.jpg

これは、仕上げ段階での作業風景です。
サクラのオイル仕上げの様子です。
f0165518_1457338.jpg

これは、ほかのオーダー分のブラックウォルナットのオイル仕上げです。
いい雰囲気です。サクラとの色の差があるので張地の色でかなりかっこよくもかわゆくにもなるでしょうね。
f0165518_14571458.jpg


f0165518_1514541.jpg

53番の座の部分のベースです。
f0165518_15141698.jpg

張り替えるときではなければなかなか見ることが出来ないでしょうね。
f0165518_1515688.jpg

とてもしっかりとしたベースの木仕上げです。
タイムズでのオーダー分はデンマーク製の生地で、赤系のものをチョイスしています。

次は、ラーセンのエリザベスシェアーです。
タイムズのオーダーでは、ブラックウォルナットのオイル仕上げでお願いしています。
f0165518_1531869.jpg

このモデルも、非常に美しいアームラインが特徴です。
発表当時、イギリスのエリザベス女王が購入されたためこの名前がついたそうです。
f0165518_1533855.jpg

この塊から削り込みます。
f0165518_1595322.jpg
f0165518_1510668.jpg

この削られているフレームがタイムズのオーダーしていますエリザベスです。
f0165518_1512183.jpg

これはアームの裏側のラインを出しているところです。
エリザベスの張地は定番ですが黒革でオーダーしています。
f0165518_1522584.jpg

次は、ナナディッツェルの2シーターソファーです。
フレームの木部が白っぽい楢で、張地はそれが映えるようにきれいな青色でお願いしています。
女性デザイナーのかわいいソファーです。
http://www.kitani-g.co.jp/main/reproduct/full_ND-02.html

今回、工房を見学させていただき大変勉強になりました。
大量生産では出来ない、当時と同じ工程での仕上げ、今現在では世界中でも職人の育成が出来なくなり、本国デンマークで製作が不可能になったこういったモデルを間近で見ることができ、より一層仕上がって届くのが待ちどうしいです。
タイムズマーケットのみでしか作れないモデルとして、ホースハイドを使って一部のモデルの張地が可能となりました。
牛革と違い馬革の特性で伸びが少ないために張りにくく、今回は数脚分のみですが、ラーセンのモデルでオーダーを受け付けれることになりました。
f0165518_15421329.jpg

今回の3脚はクリスマス明けの26日に到着予定です。
是非、実物を見て座ってみてください。
by timesmarket | 2008-12-06 15:44 | 北欧家具 | Comments(2)
早朝4時発の日帰りで、岐阜県高山市にある北欧家具のリプロダクトメーカー、キタニ家具にお伺いしました。
f0165518_041647.jpg

敷地からは日本アルプスの山々が見渡せ、すばらしい環境でした。
f0165518_0442157.jpg

まず最初に、ビンテージの名作家具を修復し、展示している美術館です。
f0165518_0521262.jpg

入ってすぐに私の好きなFinn Juhlのコーナーがあり、ニールスボッダー物を中心に珍しいコレクションが多数ありました。
f0165518_0522465.jpg

なかには構造を見せるためにカットモデルも展示していました。
f0165518_0573687.jpg

こちらは、非常にめずらしいローズウッドのNV-45の2シータで、フレームのみのストリップ展示にしています。
f0165518_055247.jpg

これは私も持っているボビルケの46ですがチーク製でやはり雰囲気が違って見えます。
f0165518_112217.jpg

NVのダイニングチェアーで、セットになっていました。テーブルもローズで2枚分のエクステンションが出来るとてもすばらしい物でした。
f0165518_14345.jpg

f0165518_184186.jpg

ここはリプロダクトの家具を展示している建物です。
f0165518_1122752.jpg

キタニ以外のデンマークのone collectionの製品も取り扱っています。
f0165518_1124726.jpg

ポエトとペリカンです。 カワイイです。
f0165518_113171.jpg

個人的には53番なども好きですが、このシリーズも大好きです。
1940年代の初めに発表されたデザインには思えませんね。

午前中はここまでで時間を使っていまい、キタニの方と一緒にお昼を食べに行き、名産品の飛騨牛をご馳走になりました。
そこのテーブルからの景色です。
Part2では、工房の中のことを書きますのでお楽しみに。
f0165518_1244032.jpg

by timesmarket | 2008-12-05 01:28 | 北欧家具 | Comments(2)

ようやく完成しました。

2月にデンマークで購入、船便で5月に到着してから半年、待ちに待ったFinn Juhlのイージーチェアーの張替えが完了しました。
f0165518_21355045.jpg

Bovirkeの46番とNiels Vodderの53番。
f0165518_2139749.jpg

名作53番、今回の張替えを依頼したキルト工芸さんから今までの張替えをした53番の中でフレームのコンディションが一番良いと言っていただきました。
フィンユールの椅子に興味をもって以来、Niels Vodderの53番はいつかチャンスがあれば購入したいと思っていました。
どうせ買うなら日本国内でさがすよりも、デンマークで探すことを楽しみながら、時間がかかってでも見つけて輸入したいと思い、ようやく出来上がりました。
f0165518_21453472.jpg

この椅子、とくにフィンユールのデザインの特徴はやはりアームの処理でしょう。
張地もすべて手縫いで仕上げています。
f0165518_21474229.jpg

鳥の羽や口ばしの様な美しい形。
f0165518_21483017.jpg

このアームの彫りも左右を触り比べてみるとやはり若干の差があります。
見ただけではわからないほどの違いです。
今回、53番の張地はオランダのChivassoという生地を使いました。
北欧スタイルNo.9 フィンユール特集の53番と同じものを使いました。
f0165518_2241632.jpg

こちらのBovirke46番はビーチフレームです。
2脚とも中身のクッションにはオリジナルの椰子の繊維をほぐして乾かして再利用しています。
f0165518_2263057.jpg

46番もやはりアームの美しい仕上げが特徴です。
f0165518_227121.jpg

Bovirkeの46番の生地はデンマークのものを使用しました。
ビーチのフレームに映える様な色目を探しました。
f0165518_22909.jpg

座面の下で交差しているフレームが特徴です。
ニールスボッダーの名作45番の様な雰囲気がありますね。
これも手縫い仕上げで、背の部分は袋状の仕上げです。
f0165518_22185671.jpg

張地の止めもタッカーではなく、ちゃんと釘止めになっています。

明日は飛騨高山にあるキタニさんの工房を訪れます。
いろいろ見させていただこうと思います。
またブログにアップしますのでお楽しみに。
by timesmarket | 2008-12-02 22:23 | 北欧家具 | Comments(2)

Danish Funiture-KITANI

このたび、北欧家具のリプロダクトで有名なキタニさんの家具を取り扱うことになりました。
張地サンプル、使用する木部サンプル、カタログもご用意しています。
早ければ年内にも、数脚の製品をご用意できると思います。

詳しくは、下記のキタニさんのホームページをご覧になってください。
http://www.kitani-g.co.jp/main/page_top.html
by timesmarket | 2008-11-11 11:15 | 北欧家具 | Comments(2)
よ~やく、待ちに待った椅子がデンマークから届きましたが、来てみてびっくり!
デッカイ木箱に包まれていたのでさあ大変。
f0165518_18525091.jpg

思っていたよりすごい梱包でした。
男4人でも大変!!腰が痛い!
f0165518_184932100.jpg

上のフタも、丁寧にクギで止められていて開けるのにも一苦労。
その中はこんな感じです。
f0165518_18563933.jpg

箱の高さがあるので出すのも大変です。
f0165518_18582234.jpg

買ってから約3ヶ月、船便で送ったため時間はかかりましたが無事届いてよかったです。
f0165518_1922444.jpg

長年、想いこがれていたフィンユールの椅子を今回初めて購入。ちなみにこれはvovirkeの46番です。

f0165518_1952493.jpg

しかし、今回の目玉このNV-53は座面のウレタンが粉々に劣化していたのが残念ですが、ファブリックとともに張替えてあげればバッチリになるでしょう。
f0165518_1992211.jpg

このローズウッドのカンファレンスチェアーは,昔からのお客さんでもある倉敷のf100cafe(倉敷市鶴形1-4-22 M三原マンション1F )さんにおかせて貰っています。

お好きな方はタイムズ倉敷店に来られた際は声をかけてください。
by timesmarket | 2008-05-23 19:17 | 北欧家具 | Comments(4)

デンマークの椅子

ここ数年前から、北欧デンマークの50~60年代の椅子に興味がありマイルームでも使っています。
この椅子は1953年のPeter Hvidt/Orla M.Nielsenと言うデザイナーの作品です。
本を読んだり、音楽を聴きながらリラックスできます。
実は、今もデンマークから椅子を送っています。今は海上運送中です。
北欧の家具は和風の日本の住宅にもなじみますよ。
f0165518_225446.jpg

by timesmarket | 2008-05-03 02:03 | 北欧家具 | Comments(2)